上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.01 わからん
私は君主として認められていないのだろう。
そして部外者になった人間にまで
中を見られてしまうほどなめられた存在なのだろう。
某日午後7時半過ぎ
仕事が終わって家に帰ってメールチェック。
部外者(元クラメン)からメールが来ていた。
受信時刻は「午前10時頃」
メールには
「お前、クラメン大事にしてるのか?電話ぐらい出てやれよ!」
と、あった。

何か起こったのかクラチャで聞いてみると
そのときログインしていたクラメンがインしていて
切り合いが起こったらしいということと
私に便箋でいいから報告しとくように言ったことを聞いた。
しかし便箋は来ていなかった。

クラメンからメールが入った。「午後8時過ぎ」
「今日の昼間の時間」狩場で切られたということと
その原因についての説明だった。

メールを送って来た、原因になったクラメンは
電話番号を知らないから
もう一人、切られた張本人に電話をすると
確かに1度電話をしたが圏外だったため
私が仕事中だと思って2回目はかけなかった。
報告は原因になったほうから行くだろうと思ったけど
でも万が一報告が行ってないといけないから
原因になったクラメンに報告するよう
ついさっき(8時頃)促しておいた。と言った。
電話のことをどうして私が知ったのかわからない様子だった。

部外者は私が仕事中は携帯が圏外であることは知っている。

原因となったクラメンは
私にトラブルの報告もせず
切られたクラメンが「出ねぇ」といったのを
私の電話が繋がる環境にありながら電話に出ないと
勝手に解釈して話した可能性がある。
部外者はそれを鵜呑みにした?

何故、原因となったクラメンは
まず最初に私に報告しなかったのだろうか?
私が君主として認められていなかったのだろうか?
そして何故、他人が取った行動を
勝手に解釈していちいち部外者に相談したのだろうか?

君主だからって
24時間365日クランのためだけに動くことは不可能。
私にもリアルがある。
部外者も私と同い年なんだから常識で考えろ。

たった1回電話に出れないだけで
クラメン大事にしてるのか?
などと言われるのは心外だ。

どれだけ二人が親密なのか知らないし
そんなことは私にはどうでもいい。
相談されたりしたりで
異性の気を引いたりするのは勝手だが
二人とも同じクランにいるならまだしも
片方は部外者なのだから
クラン内部の話やクランを利用するな。
個人的な話題でやってくれ。

こいつら私にリアルを捨てろ言ってるのか。
とも思ったが
赤の他人に
そこまで言われる筋合いはない。

お前ら君主やってみろ。
倉庫クランじゃなくてきちんとクラメン集めて。
などとは言わない。
なぜなら出来ないことがわかっているから。

仰々しく言えばクランも組織。
ルールを決めるのは
采配をするのはトップである君主。
それについていけないなら出て行けばいい。
それについていけるやつだけついて来い。

そりゃ、ルールが余程理不尽で
采配が誰がどうみてもありえないのなら
進言する必要もあるが。

私が決めたルール采配が
そこまでされるほどのものではないと
私は信じている。
だからこそ、今まで誰も何も言わず
ついてきてくれていたのだろうから。

自ら望んで私のクランを出て行ったのだから
私のクランのことに首を突っ込むな。
自ら望んで私のクランに入ったのだから
私のやり方に従ってもらう。
それが出来ないなら出ていってもらって構わない。

陰口叩こうが何しようが上等。
やるならやりますよ。
出て行ったあなたもそうです。
これ以上首を突っ込むなら狙います。

それが私のやり方。

今回このことを公開したことで
君主としての私の弱さを
露呈してしまったわけだが
それでもついてきてくれるやつだけ
ついてきてくれればいいと思う。

もっと強く。
もっとたくましく。

ついてきてくれたもののために頑張ろう。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。